FC2ブログ
   


業界最大の盗撮サイト「1919gogo.com」

「千里(ちさと) 25歳」(初めての顔射)

すごく恥ずかしかったわ。だって、彼ったら、電話で
「今度会うとき、いきなりフェラして」なんて言うんですもの。
だから、ホテルで最初にお風呂に誘ったのよ。 洗ってあげる、って言ってね。
ソープを泡立てて、先っぽとカリの部分と裏側と、 全部やさしくマッサージするように洗ってあげたの。
そうしたら、後ろの袋の部分がきゅっと硬くなって、 見る間にソーセージが
フランクフルトになっちゃったの。
私のアソコって、きれいなのかしら?
「千里の赤い唇に自分のものが出入りしてるっての、 視覚的にもすごく感じちゃうよ」
そんなことを言うから、私、調子に乗ってパクッと、でなく、 チュッとしたあとにカプッとしちゃった。
やってみればできるものなのね。 もう恥ずかしくもなんともなかったわ。
私の口の中に、彼のものがぐんぐん大きくなって、 あっという間に喉をつきあげるくらいになったの。
いつも、こんなに大きなものが私のヴァギナに入っているのね、 って不思議に思うくらい。
たくさん、たくさん愛してね
その途端だったわ。熱くて粘っこい真っ白な樹液が、 私の顔にかかったのよ。
「あ、千里、ごめん……、ごめんね」
彼が情けなさそうな声で謝ってくる。
「顔汚しちゃった。怒ってる?」
「ううん、飲んであげてもいいと思ってたのに」
「ホント?いくらなんでも初めてでそこまでやらせちゃ、 申し訳ないよ。それに……」
「俺、口もいいけど、やっぱり千里の柔らかくて熱くて狭いあそこの中でイキたいな。
続きはベッドで、ね?」
私はなんだか初めて彼に勝ったような気がして、 彼のアレを顔に掛けられたことなんて
全然、気にならなかったのよ。
彼が高ぶって気持ちよくなっていったように、 私の中の秘花も、彼がほしくて、なんだか
疼いているようで、 だから言ったの。
「いいわ。たくさん、たくさん愛してね」
「OK!」
彼が私を抱き上げて、 ベッドに運んでくれたわ。
まだ髪も濡れていたけど、シーツも ぐちゃぐちゃになっちゃうでしょうけど。うふふ。
これからね。 これからが、めくるめく愛の本番ね。
それで、彼のオチンチンの先のくぼみを、 ちょっとだけ舐めてあげたの。
私、いつもクンニされるとき、気持ちいいけど、 それよりもなんだか、彼に悪いような
気がして ドキドキしちゃうのね。





コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://tousatudouga.jp/tb.php/446-abf6f422
チャットレディーって?